あかつき道徳通信

  1. トップページ
  2. あかつき道徳通信

平成30年4月、小学校では道徳が教科化され、道徳科の授業がスタートしました。中学校においても平成31年度からの全面実施を前に、移行期最終年度として新学習指導要領の趣旨を踏まえた取り組みをされている学校も多いことと思います。

道徳の授業で子どもたちの「主体的・対話的で深い学び」が実現されるよう、このたび廣済堂あかつきでは道徳の授業に関するコラムと授業の実践紹介からなる情報誌、「あかつき道徳通信」を創刊しました。

「ともに考え、話し合う」道徳授業のために、道徳科の充実に向けて参考となる情報をお届けします。

 

あかつき道徳通信 No.1 2018年6月

巻頭コラム

道徳科の授業はすべからく楽しみを旨とすべき
横山 利弘(元関西学院大学教授) 

      
実践レポート

道徳教科書を使った初めての授業
常深 晃史(神戸市立夢野の丘小学校教諭)

 

あかつき道徳通信 No.2 2018年7月

巻頭コラム

道徳科で楽しい授業をするために
横山 利弘(元関西学院大学教授)      

     
実践レポート

道徳科の授業における言語活動の工夫
中舎 良希(京丹波町立下山小学校教頭)

 

あかつき道徳通信 No.3 2018年8月

巻頭コラム

「発言できればご機嫌」低学年の道徳授業
横山 利弘(元関西学院大学教授)

実践レポート

自分事として考える 低学年の道徳授業づくり
渡部 恭子(大阪教育大学附属池田小学校指導教諭)

 

あかつき道徳通信 No.4 2018年9月

巻頭コラム

結果より動機を気にする3,4年
横山 利弘(元関西学院大学教授)

実践レポート

教材の事前読みを生かした中学年の道徳授業
清水 顕人(香川大学教育学部附属坂出小学校教諭)

 

あかつき道徳通信 No.5 2018年10月

巻頭コラム

疾風怒濤の4年生
横山 利弘(元関西学院大学教授)

実践レポート

「わかっていた」ではつまらない!高学年の道徳授業
矢田 佐和子(葛飾区立水元小学校主幹教諭)