中学生の道徳

  1. トップページ
  2. 中学生の道徳
  3. history

中学生の道徳 since1955

戦後教育の中で,むずかしい状況であり続けた道徳。昭和33年9月,道徳の時間が特設されたとき,戦前戦中の修身教育の復活であるという反対意見が渦巻きました。また,一方で道徳は「退屈なお説教」というイメージが授業者にも生徒児童にもあり,多くの学校で道徳の授業は実現されないまま長い時間が経過していきました。いま社会の中心的な立場で活躍するオトナたちの大半は,学校での道徳の時間の記憶はほとんどないはずです。
廣済堂あかつき(旧:暁教育図書)は,道徳が教育の現場で逆風にさらされる中も,昭和34年から,道徳教育に資するための教材を発刊してまいりました。平成元年の学習指導要領改訂を機に,現行副読本版に衣替えし,今日にいたるまで,道徳教育充実の一端を担ってまいりました。

現行版の前身「生きがいのある生活」

平成元年度版

平成6年度版

暁教育図書の「読み物資料」

廣済堂あかつき「中学生の道徳」は良質な資料が自慢の副読本です。教師も一人の生身の人間として児童生徒に対峙する道徳の時間において,その仲介となる「読み物資料」。当社の「読み物資料」は,授業のしやすさ,生徒の共感など,お使い頂く先生方に高い評価をいただいています。
「中学生の道徳」に掲載された「読み物資料」は,生徒たちだけでなく,大人の心も揺さぶります。これは,中学校3年生の娘をもつある母親の投稿です。『昨年娘から学年の終わりにプレゼントされました。いい本だからお母さん読んで,と手渡されました。内容的にはまさに「自分を考える」(注:中学生の道徳2年生副読本の書名)ですが,同時に他人のことも考える本になっています。義務教育の名のもとさまざまな葛藤に押しつぶされそうになりもがき苦しむ年頃の子どもたちに適した本ですが,大人であり親である私自身の心にも強く訴えてくるものがありました。当たり前のことを当たり前に気付かせてくれるやさしさで溢れています。臆病になった道徳心が冬眠から目覚めるように起きてきます。』―「中学生の道徳」に掲載された「読み物資料」が思春期の若者たちだけではなく,大人たちの心にも響く一例です。