中学生の道徳

  1. トップページ
  2. 中学生の道徳
  3. 平成30年度版のご案内
  4. 監修のことば(横山利弘)

中学生の道徳

読み物教材を使って道徳科に向けた準備を
日本道徳教育学会名誉会長・元関西学院大学教授・元文部省教科調査官 横山利弘

平成二十七年三月に学習指導要領が一部改正され、昭和三十三年から続いてきた『道徳の時間』は『特別の教科 道徳』に変わった。道徳の教科化である。中学校については、平成三十一年四月から全国一斉に『特別の教科 道徳』がスタートする。

三十一年までの間はいわゆる移行期間として、旧学習指導要領に則って『道徳の時間』を続けてもよいし、改正学習指導要領の趣旨を生かした道徳の授業を行うこともできるとされている。いずれの道徳授業を選ぶにしても、しっかりとした授業をするためには「教材」が必要である。検定教科書が発行されるまでは、従来からの教材を用いるのが妥当であろう。

従前より道徳の教材としては、国が作成してきた読み物資料や『私たちの道徳』、各地域で作成されてきたいわゆる『郷土資料』と言われる読み物教材、民間出版社の発行している副読本などが使われてきた。

これらに共通するのは読み物教材である。つまり、これまでの道徳の教材は読み物が主流であるということである。実際、道徳の授業でしっかりと成果を上げている学校や学級は、私の知る限り、例外なく読み物教材を用いている。

これに対して時事的な問題などを題材として話し合っている授業は、たとえ生徒たちがさまざまな意見を発表していても、その時までに得た情報(多くはマスコミから得た断片的な情報)をもとに、思いつきを意見として発言している場合が多い。したがって、話題となっていることについての一面的な感想となってしまい、結果的には生徒に物事の多面性や多角性を知らしめることになっていないし、いわんやその物事に係る人間の生き方を考えるところに達しないので、生徒の道徳性を高める「道徳」の授業として成立していないことが圧倒的に多い。

このように、これまでの道徳教育を振り返ってみると、道徳の教材として、読み物教材は極めて有効なものであることがわかる。しかし、読み物教材を用いていながら、成果の上がっていない場合がある。その理由は大きくは二つである。その第一は、読み物教材そのものが道徳上の問題と関係がない読み物である場合や、遠回しのお説教にすぎないもの、そもそも発達段階にあっていないものなど、教材としての適格性に欠ける場合であり、その第二は使い方に問題がある場合である。例えば単にそれを読解しているに過ぎない授業や、登場人物の各場面の心情を類推しているだけの授業である。

いうまでもなく読み物教材はあくまでも教材であって、これを用いて生徒が道徳上の問題を考える授業をしなければならない。あくまでも道徳的価値や人間としての生き方について考えることを通して生徒の道徳性を養うようにしなければならない。言い古された言葉であるが、「教材を教える」のではなく「教材で教える」のである。

各社の読み物教材の中でも、中学校の道徳教材として『廣済堂あかつき』の教材は最も広く使われ定評を得ている。これからもこれを用いて、今、まさに目の前にしている子どもたちの心を真摯に見つめる今日の授業、明日の授業に「登場人物の心情理解のみに偏った形式的な指導」があるならば改め、これまでも読み物を使って「考える道徳」をやってこられた方は、より道徳の時間が充実するような創意工夫のある実践をつづけてほしい。その一時間一時間の積み重ねが、とりもなおさず道徳科を迎える準備といえるのではないか。

今次改訂では、現行の学習指導要領を踏まえつつ、改正学習指導要領の趣旨を生かした活用にも資する新資料を巻末に増補した。各校各学級の実態に応じて工夫いただきたい。