中学生の道徳

  1. トップページ
  2. 中学生の道徳
  3. 平成30年度版のご案内
  4. 監修の言葉
  5. 監修のことば(七條正典)

中学生の道徳

主体的・意欲的な学びを促す教材
香川大学教授・元文部科学省教科調査官 七條正典

平成二十七年三月に学習指導要領の一部が改正され、これまでの道徳の時間が、教育課程上新たな枠組みによる「特別の教科 道徳」として位置付けられた。そして、「読む」だけの道徳から、「考え、議論する」道徳への転換が唱えられ道徳授業の実施に関して一層の意識改革が求められている。そのことから、ある枠組みに縛られるような窮屈なイメージや、これまでと大きく異なるような授業イメージをもつ者もいるかも知れない。

しかし、枠組み(フレーム)が新しくなったからといって、その中核であるこれまでの「道徳の時間」の本質部分までもが変わったわけではない。例えば、めがねのフレームが変われば、それをかけている人の印象も変わるだろうが、フレームの中の機能までが変わるわけではない。新たな枠組み(フレーム)で位置付けられることによって、見え方や受け止め方が変わることで、その対象とするものがより良い方向に変化することが何よりも大切なのではなかろうか。

今回の改訂の本旨は、これまでの道徳の時間を、教育課程上「特別の教科 道徳」として新たな枠組みで位置付け、その目標や内容の示し方、教材や評価、指導の在り方等を見直すことにより、道徳科を要として道徳教育の趣旨を踏まえた効果的な指導がこれまでよりも一層確実に展開できるようにすることである。つまり、新しい枠組みに入れて見直すことによって、そのものの本質は変わることなく、その指導がより一層効果的に機能することができるよう改善充実を図ることが求められているのである。その意味で、今回の教科化は「縛り」としての枠組みではなく、「柔軟性」のある新たな枠組みの中に入れることにより、これまで以上に創意工夫ある道徳授業の可能性を広げるものとして、また、道徳授業の実質化を図るチャンスとしてとらえることができよう。

そのことから、これまで以上に教材の在り方、特に読み物資料の在り方が問われることになる。学ぶ道徳的価値を含む教材に対して、他人事としてではなく、我が事として向き合い学ぶことができるよう、主体的・意欲的な学びを促す教材が一層求められる。また、そのような教材を用いて、多面的・多角的な視点から道徳的価値について吟味し、自らの生き方に資する学びにつながるよう、その活用の仕方や指導の在り方が一層問われることになる。

そこで、以上のことを踏まえ編集された本書を活用して、平成三十年度からの全面実施に向け、一人一人の子どもの心に響く道徳授業の具体化が図られることを期待したい。