道徳教科書

  1. トップページ
  2. 平成30年度用 小学校道徳教科書

廣済堂あかつきの小学校道徳教科書


自分を見つめ、考える 小学生の道徳   みんなで考え、話し合う 道徳ノート

しょうがくせいのどうとく1表紙画像 小学生のどうとく2表紙画像 小学生のどうとく3表紙画像
小学生のどうとく4表紙画像 小学生の道徳5表紙画像 小学生の道徳6表紙画像

一、真に、子どもたちのためになるもの 二、真に、先生方が納得して、夢をもって使えるもの 三、真に、人間のよさが描かれているもの「小学生の道徳」は、これらの基本方針に則り、さまざまな工夫をこらして、編集されています。平成三十年度、新しく始まる「特別の教科 道徳」の学習を通して、子どもたちが、自分自身の人生を自分らしく、自分の力で切り拓いていくそんな力を育んでいくことを願っています。



本書の構成 ―本冊と別冊の2分冊で構成―
2冊の相乗効果で児童の豊かな情操と道徳心を培います

本冊「小学生の道徳」
本冊表紙画像

別冊「道徳ノート」
別冊表紙画像

本冊「みんなで考え,話し合う」
教材をもとに考える主体的・対話的な学習を通して,
自己の生き方についての考えを深めます。
●発達の段階に応じた選りすぐりの教材
(各学年35本掲載)
※配当時数に合わせ,1年生のみ34本
別冊「自分を見つめ,考える」
書くことを通して自問と内省へと導き,道徳的思考を
いっそう深め,道徳的価値(内容項目)の理解を
確かなものにします。
●内容項目の解説と問い
●自己評価,活動の記録欄など

「みんなで考え,話し合う」本冊と,「自分を見つめ,考える」別冊ノート
2冊が一体となって子どもたちの豊かな道徳性を育みます

2冊の相乗効果で道徳性を育みます

  • 児童が道徳的諸価値の理解を基に,自分を見つめることができます。
  • 話すこと,書くことなどの言語活動が充実しています。

主体的・対話的で深い学びへ導きます

  • 児童が「めあて」をもって自ら考え,主体的に学習できるしくみがあります。
  • 児童の対話を促し,多面的・多角的に考えられる問いがあります。

35時間分の選りすぐりの教材があります

  • 特に生命尊重を重視し,「生命の尊さ」「人権・いじめ防止」に関する教材が充実しています。
  • 「問題解決的な学習」「体験的な学習」を促す教材,「現代的な課題」に関する教材など,多様な指導法・題材による教材を掲載しています。
  • 特定の価値の押しつけにならないよう配慮し,児童が「考えたくなる」教材を取りそろえました。

ノート別冊構成の理由

柔軟に活用できる

別冊ノートは,授業の事前・事後,導入・終末など,指導者の授業プランや児童の学習状況に応じて柔軟に活用することができます。

言語活動の充実

児童は別冊ノートに書くことによって,より深く自己を見つめ,考えることができ,振り返ることで,心の成長を実感したり,自分の課題を見つけたりすることができます。

評価の根拠に

ノートへの児童の記述は,教師が一人一人の学習状況や道徳的価値の理解の程度,道徳的成長などを見取る材料となり,児童に向き合い,寄り添うための大きな手がかりを示してくれます。

心の記録として

別冊ゆえに提出が容易で,活用性・管理性・保存性に優れたノートは,心の教育における教師と児童,学校と家庭との架け橋となります。また,「心の記録」として保管することで,児童の振り返りはもとより,さまざまな教育活動に役立つものとなります。

本書の特色と掲載教材のご紹介

多様な教材を取り揃えました

魅力あふれる人物教材(1.9MB)

心を揺さぶる名作・感動教材(1.7MB)

現代的な課題に関する教材(1.8MB)

人権・いじめ防止に関する教材/情報モラル教材(1.8MB)

問題解決的な学習を促す教材/体験的な学習を促す教材(2.3MB)


重点項目を工夫しています

本書では,「自主心や自律性」「生命を尊重する心」「他者を思いやる心」の育成を重んじ,以下の内容を重点項目として,全学年,各3時間,3教材を配当しました。


本書の重点項目(全学年共通)

  • 善悪の判断,自律,自由と責任
  • 親切,思いやり
  • 生命の尊さ

特に「生命を尊重する心」については最重要項目と位置づけ,全学年に,児童の発達の段階に応じた「命の教育」に関する特別ページを設けています。


また,全学年共通の重点項目に加えて,低・中・高学年別にそれぞれの発達の段階を踏まえた重点項目を設けています。

学年別重点項目

低学年 ●節度,節制 ●規則の尊重
中学年 ●規則の尊重
高学年 ●伝統と文化の尊重,国や郷土を愛する態度


主体的・対話的で深い学びを促す「考えよう 話し合おう」

児童の主体的・対話的で深い学びを促すための手がかりとなる内容をさまざまな観点から示した「考えよう 話し合おう」を,教材ごとに設けています。

サンプルページ


教師用指導書(準備中)    カリキュラム作成資料(準備中)