エマおばあちゃん、山をいく アパラチアン・トレイルひとりたび

世界の絵本「エマおばあちゃん、山をいく アパラチアン・トレイルひとりたび」

エマおばあちゃん、山をいく アパラチアン・トレイルひとりたび

刊行:2018年7月

作・絵:ジェニファー・サームズ 訳:まつむら ゆりこ

定価:1,800円+税

ISBN978-4-908255-75-5
ページ:41P
判型:28.5×23.5cm

67歳のエマ・ゲイトウッドは、アメリカ3大トレイルの一つ、全長3500kmのアパラチアン・トレイルを一人で歩きとおした、初めての女性です。谷川の水をのみ、木イチゴの実をたべ、枯れ葉のベッドでねむることもありました。おばあちゃんの山歩きはしだいに有名になって新聞や雑誌にものったのです……。 雄大な自然のなかですごすよろこび。人の心の温かさ。いくつになってもチャレンジするエマおばあちゃんのすがすがしさ。1955年、アメリカでの実話を、地図と絵でいきいきとえがきます。

拡大して内容を見る